太陽光発電で次世代エネルギー 太陽光が注目される理由は何でしょう

名古屋市で設置すれば、不安を感じないかもしれません

私が人からよく聞く、太陽光発電への不安として、今、導入しなくても後から価格が下がっていくのではないかとか、さらに将来的に発電効率がもっといいものが登場するのではないかとか、そういった声があります。
これについては、名古屋市で太陽光発電をすれば、少なくとも損をすることは無いと、私は思います。
まず、後の質問は、名古屋市に関わらず、大丈夫そうです。
新しい技術は、発表されてから少なくとも、数十年は実用化されません。
リニアモーターカーも、電車や新幹線レベルでいまだに実用化されていませんよね。null
家庭で使えるエネルギーシステムがまだ発表すらされていないのですから、それは大丈夫でしょう。
そして、最初の質問のほうですが、確かに普及率が上がれば、否定できませんが、名古屋市をはじめとする東海地方は日照時間が長いですし、そのような気候だからか、補助金も手厚いです。
さらに、買取電力への優遇は、契約時の単価で10年間と決められているので、日照時間が長い名古屋市なら、長期間にわたってランニングコストを抑えたり、効率よく減価償却を行えると言うことになりますよね。
現在では、企業が電気を売るメガソーラー事業に乗り出していたり、ある会社が諸経費を負担して、ユーザーは少ないお金で済むようにする代わりに、売電利益の多くを10年間いただくというサービスを販売したりしています。
こういった時代の流れや企業の動きを考えると、日照時間が長ければ、少なくとも損をすることは無いと、言い切れるのではないでしょうか。

Post Navigation