太陽光発電で次世代エネルギー 太陽光が注目される理由は何でしょう

名古屋市内でも設置したい

太陽光発電で一番大切な事といえば、日中に太陽光が、設置したパネルに長時間届く事ですよね。
名古屋市は、海に向かって平野が広がる地形なので、山間部のように山で太陽光がさえぎられるという事はないのですが、やはり大都市ゆえの問題は、高い建物によって太陽光がさえぎられてしまう場合がある事です。null
でも、名古屋市の場合、一戸建ての多い住宅地と、高いビルの多い商業地とが、わりとはっきりとわかれているように思われます。
東区など、大通りから一本入れば、低層階の住宅や昔ながらの商店街が広がっている所もあります。
そちらでは太陽光発電も、もちろん可能で、実際導入されているお宅もあります。
名古屋市の昭和区等は丘陵地です。
落ち着いた住宅街なのですが、ここも、段々畑の原理で前のお家の影響をうけずパネルが設置できるので、こういった丘陵地も太陽光発電にはもってこいの地形だと思います。
都心部では逆に、そういった太陽光をさえぎる側となってしまう高い建築物の上に、太陽光パネルが設置されるという光景を良く見るようになりました。
病院などいざという時の電力不足が、そのまま命にかかわる大事にいたる可能性の高い施設等、積極的に導入しているように感じられます。
都市部のマンションも、そういった太陽光による自家発電装置を売りにした物件も、最近は出て来ました。
都市部の個人住宅で、なかなか日照時間が心配という場合でも、パネルの性能の向上によって、狭い面積でも発電量が高いものもありますので、名古屋市内でも太陽光発電をあきらめる必要はないです。
せっかくの自然エネルギー、上手に使いたいですよね。

Post Navigation