太陽光発電で次世代エネルギー 太陽光が注目される理由は何でしょう

気になる用語

太陽光発電を導入する際には業者の方たちとのやり取りや補助金の申請手続きのなかで聞いたことのない単語やよくわからない装置の名前などを耳にしたり目にしたりすることがあります。
そのつど業者の人に聞いたり、調べたりするとよいのですが、ここでは太陽光発電の装置の名称や用語について簡単に説明しておきたいと思います。
太陽電池
太陽の光エネルギーを変換して電気に換える装置のことです。
半導体という物質が使用されておりエネルギーの変換が起こります。
セル
太陽電池に関する最小単位です。
太陽電池素子のことをさします。
モジュール
セルを連結させたもので、ガラスや樹脂などで覆われています。
一般に「太陽光パネル」と呼ばれているものはこのモジュールのことを言います。
パワーコンディショナー
太陽電池の電力の制御装置です。
太陽電池で作られるのは直流の電力ですが、実際に家庭で使用するためには交流に返還しなければなりません。
直流から交流に電力を返還する装置がこのパワーコンディショナーです。
分電盤
電力を建物の中に分配する装置のことを言います。
接続箱
太陽光パネルで発電された電気を集める機器です。
パネルとパワーコンディショナーの間に設置されます。
基本的には屋外に設置されるのでこの接続箱を設置する場所も考えておかなければなりません。
架台
太陽光発電パネルを屋根に取り付ける際に土台となる器具のこと。
屋根の形状によって架台の形状も変えなければなりません。
変換効率
太陽光のエネルギーをどれだけ電力に変換することができるかという率のことです。
太陽光エネルギーをすべて電力に変換することはできませんが、現在ではかなり高い変換効率を誇っているメーカーもあります。
キロワット(kW)
ワット(W)は仕事量の単位で、使用する電力の大きさすなわち消費電力を表す単位として使われます。
キロワット(kW)はワットの1000倍の量を表します。
それを時間(h)で割ったものが1時間あたりの仕事量としてWhという単位で表されます。